先日発表のアカデミー賞、作品賞の発表を間違えるという珍事がありそればかりが話題に(笑)
惜しくも作品賞は逃しましたが話題のこの作品を観てきた!




ストーリー(公式サイトより)
夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。彼の名はセブ(セバスチャン)、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合う。しかし、セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、二人の心はすれ違いはじめる……。



とにかくとにかく最高の映画!
ミーハーみたいで嫌だけど、いや、全然ミーハーでも構わない!最高の映画だった!


これから社会に羽ばたいていく若者、今何かを頑張っている人、これまで頑張ってきた人、いろんな人に勇気を与えてくれる映画だった。








※※※※※以下ネタバレ含む感想※※※※※




















最後のシーン、セブが「あの頃こうしていたらこうなっていたかも。。。」という空想のミュージカルシーンが終わり、現実のシーンに戻ったところで、ミアとセブは見つめ合い、ほほえむ。


このシーンは、2人とも、「お互い、これでよかったね」と確認し合っている。


セブは、キースに誘われたバンドで成功しつつも、それは自分が求めているものではなかった。大衆に迎合して、成功を手に入れていた。
ミアは、女優の夢をあきらめかけたが、地道な努力が実を結び、オーディションの機会を得て、そしてそれへの挑戦をセブが後押ししてくれた。


最後の空想シーンでは、これまでのシーンと同様のシーンが映され、そしてそれらは全て当初とは違う展開になっている。
タパス&サンバでピアノを弾いていたがクビにされたセブにミアが話しかけるところでは、本来はつっぱねるところを、きちんと応対するようになっている。
ジャズバーでキースが話しかけてくるところでも、セブはキースの話に耳を傾けずスルーしている。
ここのシーンは、「もし、あのときこうしていたら」というセブの回想である。


そしてそれらの回想、ミアともし結婚し幸せな人生を歩めていたら、というのを想像した上で、そうでない今の自分、ただし、当初の夢である、セッション重視の自分がやりたいジャズバーで仕事できている自分を考え、女優として成功し、他の男と結ばれたミアに対して、ほほえんでいる。


これまであったいくつかのターニングポイントで、別の選択肢を選んでいたら、今自分はもっと幸せだったかもしれない。
でも、今の自分で満足、というのが表されている。


これは、これから長い人生が待っている若者にとっては、「きちんと努力すればきっと良い人生が待っている」という後押しをしてくれる。
セブは、自分の信念に基づき、本来のジャズを客に届けるバーをしたいと思い、それには実際の生活も考え、バンドをやらなきゃと、その時その時で最善の選択をしようとした。
ミアは、一人舞台というなかなか難しい挑戦をし、客の評判が悪くあきらめかけても、セブの後押しもありなんとか挑戦し続け、結果的に成功を手にした。


これらを踏まえ最後のお互いの微笑み合うシーンが成立している。
それぞれ今に至るまでにいろんなターニングポイントがあり、別の選択肢を選んでいたら。。。とは思うけど、自分が歩んできた道は間違いじゃなかった。という承認なのだと思った。


これは、歳いった大人に対しても、「あなたの人生、いろいろターニングポイントがあったでしょう。たしかに別の選択肢を選んでいたらもっと幸せだったかもしれない。でも、今の自分を考えてみたら、これまで選んできた道は間違っていなかったでしょう」と励ましてくれるようなシーンでもある。



劇中の言葉を借りると、これから「夢追い人」になろうとしている人、現在「夢追い人」である人、これまで「夢追い人」であった人、それぞれに対して励ましをくれるすばらしい映画だった。